Sado et Maso

人妻の本当の性格を知れるエロ体験談 - Sado et Maso

人妻の本当の性格を知れるエロ体験談

新婚生活を迎えている私(26歳)が旦那の異常すぎる性癖で困っていました。それは基本ノーパンノーブラと言うものです。こんなエッチな事をさせられているのはある日の夜にセックスをしている時でした。コスプレ好きの旦那が用意していたスケスケのパンツにブラ。「これを着て」と言われ初めてだったので仕方なく着ていましたが徐々にエスカレートしていき今では普段から下着を着ることを許してはくれません。そして今日は旦那の実家に挨拶に行く日でした。その日ももちろん下着を付けることは許されず、そのまま実科に行きました。実家に着きゆっくりして夜になり、夕食を食べている時でした義父から「今日は正月なんだから少しお酒でも…」と言われ少しだけならと思い「じゃあ、少しだけ」と返事をして飲んでいると旦那はベロベロになり私持ほろ酔いになってしまいました。すると目覚めた旦那が私のスカートの中に手を伸ばしアソコを触りだしました。「お義父さんがいるからやめて!」と抵抗しましたが「こんな格好させられて興奮しているんだろ」と耳元でささやかれそのままお義父さんの前で淫らなセックスをしてしまいました。旦那に好き放題されているスケベな人妻はこれからもこの変な性癖に付き合わされるのでしょうか。