Sado et Maso

グロが好きな人が感じる何か… - Sado et Maso

グロが好きな人が感じる何か…

グロが好きな人がグロ系の動画を見たくなるのは”恐いものの見たさ”でしょうね。簡単に言えばホラー映画の延長で見ていると言う感じですかね。酷いものの見たさやその残酷なものの中に独特の美が存在する事があるのです。あと怖いモノを見たいという事は好奇心もあると思います。日本のグロ系のサイトから全世界のグロ系のサイトまですべての動画を集めているサイトなんてたくさんあります。そこで紹介するのが「グロ動画像まとめ デンジャラス」です。人にもよりますが”グロイ”と感じるのは個人差があります。例えばブツブツで有名な「ドライフォトビア」やイスラム国が処刑の動画を配信しているなど”グロ”と感じのは大きな個人差があります。そんな幅広いグロ系の動画を配信しているのが「デンジャラス」です。インターネット上にはグロ画像・グロ動画と呼ばれるメディアが沢山出回っています。グロテスクな動画・画像を見たがる人の心理はもちろんグロテスクな物を見ると不愉快な気持ちになりますし人が殺されている所を見ると罪悪感や恐怖を感じます。恐怖や罪悪感があっても止められない人は自然と検索で「グロ動画」と検索をしてしまっているのです。こんな人間でも第三者から見たら普通のサラリーマンですし仕事も任されていて家族もいます。決してグロ中毒者が悪い子という事はありません。止めようと思っていても止められないのが依存です。逆に思う存分見まくり、もういいわっ!!!!!って思うまで見てみようと思います。自分からしてみてばニュースなんかで殺人の映像が出ますが全くグロイ映像なんてありません。もっと公表すればいいのにと思います。これはきっと、あなただけの問題ではなく、いま日本の社会がもっている社会的な病理情報構造の病理ともいえるのかもしれません。